ローコスト低価格住宅マイホームの上棟式

 

ローコスト低価格住宅や家の上棟式の常識

上棟式とは新しい家への祝福とともに、職人たちへのねぎらいと今後の工事の無事完成を祈願する儀式です。建前上、棟上ともいいます。本来は、神主を招いて行う儀式でしたが現在では棟梁が代理としてつかさどるのが一般的なようです。地鎮祭と同様に吉日を選んで行います。


 

低価格住宅や家の購入者である建てぬしの用意や準備

上棟式の祝儀は、神主の代理を務める棟梁に地鎮祭より多めにして2万円程度を包みます。鳶のかしらにも同額程度包み、他の関係者には5千円程度とするのが目安です。渡すタイミングも地鎮祭同様、式の後で棟梁にまとめて渡します。儀式については、施工者がほとんど用意してくれますから、建てぬしが持っていくのはお神酒、米、塩と水です。それ以外に、儀式後の宴会の料理やお酒、折つめなどで、近くに仕出し屋に注文します。

 

 

※火災保険もマイホームの構造や大きさによって料金が変動します。火災保険料の計算も各損害保険会社毎に異なるので実際に見積書を取得しないと保険料の比較が出来ません。火災保険一括見積もり依頼サイト は各社に火災保険の見積書を無料一括で請求できるサービスです。一番保険料が安い火災保険を利用したい方は是非このサービスを利用してください。

 

 

 

ローコスト住宅メーカーレオハウスで上棟式をした時のエピソード

ローコスト低価格住宅メーカーレオハウスの営業マンから上棟式をするのかしないのか聞かれたのでしないと答えました。この場合は現場で工事関係者のみで簡素化した式を行うようです。現場担当者に何か用意するものが必要か確認すると当日11人作業員が来るのでその人数分の弁当とジュースを用意してほしいといわれました。お金については何も言っていなかったのですが、気持ちだけと一人2千円ずつ包んでジュース代として弁当やジュースと一緒に渡しました。




 

 


ニックネーム
たまさん
性別
血液型
O型
生年月日
1974年
職業
元銀行員で現病院事務長(人事部長)

ブログ

123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
アクセス数
ページビュー数