ローコスト低価格住宅マイホームの地鎮祭

 

ローコスト低価格住宅やマイホームの地鎮祭の常識

地鎮祭とは文字通り地の神を鎮めるという意味があり、これからの工事の安全を祈願するための儀式で、建築工事に先駆けて行われる地祭りとも言われます。地域の神社にお願いして祓い清めてもらいます。日取りは大安、先勝、友引などの吉日の午前中を選んで行われます。儀式に参加するのは建てぬしとその家族、棟梁、鳶、設計者、施工者などの基礎や躯体工事に関係する職人や専門家です。

 

儀式の流れ

刈初めの儀 鎌を持って草を刈る動作を3度行います。 設計者

穿初めの儀 鍬をもって土を掘る動作を3度行います。 建てぬし

         鋤をもって土をすくう動作を3度行います。 施工者

鎮め物埋納の儀 神主が鎮め物を建物の基礎の下に埋めます。

 

 

火災保険一括見積もり依頼サイト を利用することで火災保険料が節約できます。何も考えずに火災保険を契約すると保険料が高くついて数十万円損することもあります。

 

 

ローコスト住宅購入者である建てぬしの用意や準備

神主へのお礼は1〜2万円で供え物を用意してもらった場合や遠方からみえられた場合はお供え物料やお車代をお礼とは別に渡す。棟梁には1万〜1万5千円程度を包み、鳶のかしらにも同額ぐらいを用意するのが適当です。他の関係者には5千円程度が目安で式が終わった後棟梁に渡し棟梁から渡してもらうのが一般的です。

 

 

 

 

低価格住宅メーカーレオハウスで地鎮祭をした時のエピソード

営業マンに確認したら神主さんに3万円といわれたのでそれだけを用意して参加しました。関係者は家族以外にレオハウスの営業マンと現場責任者が来ていましたが、出席者に渡すお金のことを考えていなかったので何も用意していませんでしたが特に問題はありませんでした。でも、後から考えるとレオハウスの営業マンと現場責任者にも用意してあげればよかったのかもしれないと思いました。

 

 

 

 

 

 

 


ニックネーム
たまさん
性別
血液型
O型
生年月日
1974年
職業
元銀行員で現病院事務長(人事部長)

ブログ

123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
アクセス数
ページビュー数