ローコスト低価格住宅のデメリットや悪い点

 

ローコスト住宅や家のデメリットや悪い点

ローコスト住宅や低価格ハウスのよさやメリットについては先ほど説明させていただきました。今回は、逆にローコスト住宅や低価格ハウスの悪さやデメリットや悪い点について説明させていただきます。ローコスト住宅や低価格ハウスは家の価格が安いにも関わらず高品質で、高標準装備で、完全自由設計で、省エネルギーで、何の問題もないいいことづくめにに思われますが、実際はそうではありません。思わぬところに悪さやデメリットやダメな点があります。


家づくりの総合ポータルサイト【持ち家計画】 で出来るだけ多くの資料を集めてください。多くの情報を集めてそのいい部分を取り入れることによって満足できる家を作ることが出来ます。無料サービスで手続きも非常に簡単ですので是非ご利用ください。

 

 

低価格住宅は低品質の安物だと思われがち

まず第一に、まわりの人に低価格の安物の低品質の住宅や家だと思われやすい事です。これはローコスト低価格住宅ハウスメーカーの戦略なのでとやかく言うつもりはないのですが、これらのローコスト低価格ハウス住宅メーカーは坪単価20万円台で家が建つ等のことを大々的に広告で宣伝します。この広告を見た多くの人は安くて高品質な住宅ハウスメーカーだとは絶対思いません。大抵の方は、価格が安い低品質の低価格安物住宅だなと思います。でも実際は普通に建てればすべて込みで最終的に坪単価40万円ぐらいになりますし、少しオプションを取り入れておしゃれな感じにすると坪単価50万円ぐらいになります。決して激安ではありません。他の住宅ハウスメーカーと比較して安くて高品質なだけです。

 

 

ローコスト低価格住宅でデザイナーズハウスは無理かも

このように絶対に誰にも安物の住宅を建てたと思われたくない方はローコスト低価格住宅ハウスメーカー(レオハウスやタマホームやアキュラホームやアイフルホームやユニバーサルホーム等)で家を建てないほうがいいのかもしれません。間違いなくあの安いところで建てたんやぁと思われます。それ以外のデメリットは完全自由設計(多分これは訳するとどんな間取りでも出来ますよという意味だと思います)といいながら建材の仕入れ等の問題でデザイナーズハウスのようなおしゃれな建物は出来ないというところです。おしゃれな家に住みたいと思っている方にはローコスト低価格住宅(ハウス)メーカーは不向きかもしれません。このようにローコスト低価格住宅ハウスメーカーにも悪さやデメリットやダメな点もありますが、高品質で低価格なローコスト住宅は魅力的だと思います。夢のマイホーム実現に向けて是非ローコスト低価格住宅ハウスメーカーを一度検討してください。

 

 

 

 


ニックネーム
たまさん
性別
血液型
O型
生年月日
1974年
職業
元銀行員で現病院事務長(人事部長)

ブログ

123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
アクセス数
ページビュー数